敏感肌に必要なセラミドはどんな種類がある?どんな保湿クリームがいい?

敏感肌に必要なのは「セラミド」である理由

敏感肌の方には、セラミドが必要です。その理由として、敏感肌の原因が乾燥にあるからです。敏感肌とはそもそも、少しの刺激でお肌が反応する状態のことをいいます。例えば、洗顔をして化粧水を塗る際にヒリヒリすることや、外に出て風がお肌に当たっただけで、ピリついたように感じることです。

 

お肌が乾燥すると、目には見えませんがお肌の表面はヒビが入ったように割れます。乾燥した土を想像してもらうと分かりやすいですが、乾燥すると水分がなくなるので、お肌の角質部分においてそれを構成する成分同士が手を繋げなくなり、刺激を感じやすい状態になるのです。そのため、お肌が本来持っているバリア機能が下がった状態になります。

 

そこで必要になるのがセラミドです。セラミドはいわゆる保湿剤で、お肌の細胞と細胞の間を埋める役割を担っています。このセラミドが、お肌に充分にあることによって、お肌から水分が蒸発するのを防げますし、お肌を潤わせることができます。そのため、乾燥しがちな敏感肌の方こそ、セラミドが必要になります。

 

セラミドの中ではヒト型セラミドが特に良い理由

一口にセラミドといっても、その種類は4つあります。それが、動物性セラミド・植物性セラミド・ヒト型セラミド・疑似セラミドの4つです。この中でも敏感肌の方が特に良いとされているのが、ヒト型セラミドです。その理由は、ヒト型セラミドが最も私たちのからだの中に本来備わる成分に近いからです。そのため、安全性も高いですしセラミドとしての効果も非常に高いです。

 

動物性セラミドとは、天然セラミドとも呼ばれているセラミドで、動物から抽出したセラミドです。お肌への高い浸透率が特徴ですが、原価料が非常に高いです。植物性セラミドとは、米やこんにゃく芋、大豆などから取り出されたセラミドで、お肌への刺激が少ないです。しかし、天然セラミドやヒト型セラミドと比べると保湿効果が少ないです。

 

ヒト型セラミドとは、ひとのからだに元々持っているセラミドと近い化学構造を持ったセラミドのことで、酵母を使ってつくられています。バイオセラミドともいいます。疑似セラミドとは、セラミドに似ている構造を化学的に合成した成分のことです。つまり、正確にはセラミドではなく、お肌への刺激は強いです。

 

敏感肌はトライアル・お試しセットから必ず始めるべき

敏感肌の方は、何がお肌の刺激になるのかは個人差があります。なぜなら、乾燥が原因となって敏感肌になっている場合もありますが、化粧品の成分にアレルギー反応を起こして敏感肌になっている場合もあるからです。乾燥によるものとアレルギーによるものを併発している場合もあります。そのため、敏感肌の方は、敏感肌用のセラミド入りの化粧品の中でも、自分に最も合う化粧品を選んで使う必要があります。

 

自分に最も合うセラミド入りの化粧品にたどり着くまでには、様々な化粧品を試すしかありません。しかし、色々なセラミド入りの化粧品を試すには、それだけお金もかかります。特に、ヒト型セラミドが配合された化粧品は、決して安くはありません。したがって、敏感肌の方は、必ずトライアルセットやお試しセットから始めるのがおすすめです。

 

どの化粧品会社も、トライアルセットやお試しセットは、非常に安い価格で販売しています。安いからといって、効果の少ない成分を配合しているセラミド入りの化粧品を販売しているわけではなく、正規品と同じ効果のあるものが、安い価格で試せます。したがって、最も合うセラミド入りの化粧品を探している敏感肌の方にとっては嬉しい制度です。

 

セラミド入り保湿クリームおすすめ@アヤナスクリームコンセントレート

セラミド入り保湿クリームの中でおすすめのものといえば、アヤナスクリームコンセントレートです。アヤナスクリームコンセントレートは、ヒト型セラミドを配合した保湿クリームです。決して安い値段で購入できるというわけではありませんが、口コミでもその効果に対して高い評価をえています。

 

アヤナスクリームコンセントレートのすごいところは、アヤナスクリームコンセントレートを販売しているディセンシア独自の特許技術であるヴァイタサイクルヴェールを惜しみなく使っているところです。このヴァイタサイクルヴェールという技術はどんなものなのかというと、ベンナイトという成分でお肌の表面をバリアし、お肌から水分が蒸発することや外部からお肌に刺激を与えるものを防ぐはたらきがあります。

 

つまり、お肌のバリア機能の代わりのはたらきをします。この、ベンナイトがお肌の表面をバリアしている間に、アヤナスクリームコンセントレートに含まれたセラミドが、どんどんとお肌に浸透していきます。それによって、お肌の内側まで潤いをもたらします。しかもこのセラミドは、通常のセラミドよりも20分の1小さいサイズになっています。そのため、通常のセラミドよりも浸透率が高く、角質の隅々まで浸透できるので、敏感肌によって乾燥していた角質層の保湿を行います。

 

セラミド入り保湿クリームおすすめAつつむフェイスクリーム

それから、つつむフェイスクリームもおすすめの保湿クリームです。つつむフェイスクリームもアヤナスクリームコンセントレートと同様にディセンシアから販売されている保湿クリームです。そのため、ディセンシアオリジナルのヴァイタサイクルヴェールの技術も惜しみなく発揮されています。

 

つつむフェイスクリームの特徴は、とにかく水分を蒸発させないことです。ヴァイタサイクルヴェールを採用している点でもそうですが、エモリエントプール成分を配合していることによって、お肌の水分の蒸発を防いでいます。エモリエントプール成分とは、ポーラ研究所独自の成分です。

 

このエモリエントプール成分は、お肌の表面に留まるはたらきがあります。それによって、お肌の表面に蓋をすることができ、角質層から水分が蒸発するのを防ぎます。ヴァイタサイクルヴェールの効果と相まって、しっかりとお肌に水分を保持できるようになります。

 

つつむフェイスクリームとアヤナスクリームコンセントレートの大きな違いは、お値段です。アヤナスクリームコンセントレートには、リッチな成分が含まれている分、5000円以上しますが、つつむフェイスクリームは約3000円です。

 

6:セラミド入り保湿クリームおすすめBエトヴォスモイスチャライジングクリーム

そして、セラミド入り保湿クリームでは、エトヴォスモイスチャライジングクリームもおすすめです。エトヴォスモイスチャライジングクリームの嬉しいポイントとして、4つのことがあります。

 

1つ目は、5種類のヒト型セラミドが配合されていることです。ヒト型セラミド5種類がバランスよく配合されているため、よりお肌に馴染みやすい保湿クリームです。このヒト型セラミドによって、乾燥しにくいお肌づくりができるようになっています。

 

2つ目は、マカダミアナッツ油が配合されていることです。加齢とともに、お肌というのは油分が少なくなっていきます。パルミトレイン酸も減少する油分の1つです。そんなパルミトレイン酸を豊富に含んでいるのがマカダミアナッツ油です。

 

3つ目は、ビタミン群が豊富に含まれていることです。中でも、エイジングケア効果があると言われているビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンEが豊富に含まれています。これらは、お肌にハリを与えるのに非常に重要な栄養素です。